トムソン加工とは

木の板や樹脂の板に刃を埋め込んだ「トムソン型」と呼ばれる型を使って、材料を打ち抜く加工のことを指します。

打ち抜くだけではなく、製品を立体的に組み立てるための折り目をつけることも可能です。

トムソン加工の特徴

トムソン型の場合、一般的な金型よりも型の製作費が安く、短納期で対応可能です。
そのため、試作品や小ロットにも対応しやすく多品種小ロットに適した加工方法となります。
扱う素材としては紙、フィルム、ゴムなど、平板素材がメインです。

八田印刷紙工のトムソン加工技術

型の手配から打ち抜きまで一貫対応

扱う製品の材質等に合わせて型を作成いたします。

貼り合わせやその他断裁、組み立てまで対応可能なため
複数社に依頼することなく 八田印刷紙工にまとめてお任せいただけます!

取り扱い型

データをいただければ、条件次第では即日で型の手配をすることも可能です。
用途やお客様のニーズに合わせて複数の型を使い分けいたします。

トムソン型(ビク型)


八田印刷紙工で最も取扱数が多いのがトムソン型です。
他社のトムソン型に比べ早い!そして安い!

彫刻型


高機能フィルムに対するストレスを軽減、製品断面のストレート性の
ご要望にお応えできる完全片刃仕様です。

Etching-Die(エッチング型)


ピナクル型
トムソン型・ビク型では加工困難な微細形状、継ぎ目なしの高精度加工が可能でございます。寸法公差が厳しい時等にも活用できます。

クロッシングダイ
通常のエッチング型は刃高が低く一般的には2mm~3mmとされていますが
最大6mmと高く設定できます。またトムソン型のMIX型も取扱います。

対応可能な素材例

各種樹脂シート全般(ポリカ・PET・PP・紙・緩衝材等など)
素材が硬く厚みがある材料も一度ご相談ください。

加工設備

自動打抜機
自動打抜機
ポンス機
貼り合わせ機
断裁機
カッティングプロッター

様々な素材の打ち抜きから組み立てまで対応いたします

八田印刷紙工には約1000種類の材料取り扱い実績があります。
これらのノウハウを活かし、ポリカ・PET・PP・紙・緩衝材等あらゆる素材の打ち抜きに対応。

また、打ち抜き前の貼り合わせや断裁、
打ち抜き後の曲げ・組み立てなど、その他の加工も一貫してお任せいただけるため
複数の加工先を手配するお手間も取らせません。

ぜひお気軽にご相談ください!